• ホーム
  • 早漏の改善方法を医薬品・医薬品以外別に紹介!自分に合った方法を実践

早漏の改善方法を医薬品・医薬品以外別に紹介!自分に合った方法を実践

笑顔のカップル

早漏を改善方法にはいろいろな種類があり、医薬品を利用したり、医薬品以外にもいくつか方法があります。早漏防止薬として販売されているものが多く、世界中の人が利用している人気の医薬品もあるのでおすすめです。射精は脳内にあるノルアドレナリンによって管理されていて、ノルアドレナリンが増えることから射精が起こる仕組みです。脳内にある神経伝達物質であるセロトニンは、興奮する際増加するドーパミンやストレスなどがかかった際に増加するノルアドレナリンなどを抑制する作用があります。セロトニンの分泌が減少するとノルアドレナリンを抑制できなくなり、自分ではコントロールできないような射精が起こるのです。早漏治療薬を利用すると脳内神経伝達物質であるセロトニンの再吸収を阻害することができ、セロトニン濃度を高めノルアドレナリン分泌を抑制するとが可能です。ノルアドレナリン分泌を抑制することから、過剰な興奮を抑制することができます。早漏防止薬を服用すると一般的に射精時間が3~4倍延長されると言われていて、服用し続けることで更に延長される効果があります。

早漏防止コンドームを利用する人も多く、厚手のゴムになっているものや内側に麻酔成分が塗っているものがあります。厚手コンドームを装着すると、適度に感度をダウンすることが可能です。麻酔成分が含まれているコンドームを利用すると、刺激を麻痺させることによって予防することができます。いずれもインターネット通販などで購入することができるので便利です。

医薬品以外ではハーブが含まれたサプリメントなどを利用すると良いでしょう。人気のある成分はカモミールで、カモミールは頭を冷やし冷静な判断をするようになる効果があります。射精を管理する副交感神経が働くことによって、脳がリラックス状態になり早漏を予防することが可能です。アロマも効果があり、香りを嗅ぐと脳が反応し早漏を治す鍵となる副交感神経に作用することができます。ローズオイルに含まれるゲラニオールは、不安や緊張、過度な興奮などを和らげる効果があり、ゼラニウムは身体におけるストレスを解消することが可能です。早漏対策の方法には自分一人でできる方法や、パートナーに協力してもらう方法などもあります。医薬品はコストがかかるので、まずは医薬品以外で試している人が多いです。自分に合った方法を実践することが良く、ハーブやアロマなどは自律神経やホルモンの働き、免疫を調節するなど効果があるので、体調も改善されていくでしょう。

関連記事
日常に潜むEDの原因|健康な状態を保つための生活習慣とは 2020年05月29日

EDにはいろいろな原因があり、器質性や心因性、複合型や薬剤性などがあります。器質性の場合、動脈硬化の進行や神経障害があるケースが多く50歳代に多いです。心因性の場合、精神的なストレスがあり30歳代や40歳代に多く現れます。混合型の場合、動脈硬化の進行や神経障害があって、精神的ストレスがある50歳代や...

性交直前に使える早漏防止スプレーが便利!効果の持続力はいかに 2020年05月02日

早漏を予防するには直前に使える早漏防止スプレーがおすすめです。これはコンドームや他の方法に頼らない画期的な早漏対策方法で簡単です。行為を行う前に早漏防止スプレーをスプレーするだけで、早漏を予防することができます。スプレーするだけで陰茎の神経や感度などを下げることができ、行為の際に刺激を感じにくくする...

女性は遅漏より早漏支持派が多数!気長な治療と前戯の鍛錬を 2020年04月28日

男性の中には早漏について悩んでいる人が多くいますが、女性にとって遅漏よりも早漏を支持している人が多くいます。実際付き合った男性の中に早漏をすごく気にしている人がいることがありますが、女性からするとそれほど気にはならないものです。経験を積んでいけば射精時間を延長することができたり、その日の体調などもあ...

加齢で症状が出る場合も!早漏になってしまう原因と対策 2020年04月23日

早漏にはいろいろな種類があり、それぞれ原因が異なるケースがあります。例えば身体的な要因が関係する過敏性早漏や、過去のトラウマなどが原因になる心因性早漏、体力の衰えが原因になる衰弱性早漏などが対象です。過敏性早漏の場合、ペニスや付近の皮膚に刺激を受けると、すぐ射精してしまう状態になります。一般的に性的...