薬を取っている様子

タダポックスはEDと早漏の両方の効果を発揮する医薬品です。82.1%のED改善率や72.4%の早漏改善率を一つの薬で得ることができ、シアリスやプリリジーの有効成分が同時に配合されています。タダラフィルやダポキセチンといった成分が含まれていて、シアリスと同じ程度ED改善効果を持ちながら、早漏を予防することが可能です。勃起促進や射精を遅らせる薬において最安値になっていて、リーズナブルな価格で両方を同時に治療することができます。タダポックスは2つの有効成分が含まれていて、タダラフィルはED治療薬では人気の高いシアリスの成分であり、ダポキセチンは世界最初の早漏治療薬であるプリリジーの成分になります。勃起の硬さが足りなかったり維持することができないなどのED症状や、過度な緊張・興奮などによる早漏に関係する症状を併発する場合にタダポックスはおすすめです。

タダポックスはシアリスとプリリジー成分が配合されていて、これらの医薬品はいずれも高価ですが、これらの成分を配合するタダポックスの場合1錠あたり250円とお手頃価格になっています。他の複合薬の場合1錠あたり600~1,100円ぐらいになるので、タダポックスは最安値と言えるでしょう。通販でタダポックスを注文してみるとよいかもしれません。タダポックスにはいくつか副作用があり、例えば頭痛や潮紅、ほてりや口の渇きなどが報告されています。それほど重篤な症状にはならず、一時的なものがほとんどでしょう。しかしあまり症状が酷い場合、医師に相談することをおすすめします。

他には動悸や下痢、消化不良や鼻づまり、めまいや関節痛などを感じる人もいるので注意が必要です。腹痛や疲労、眠気や不眠、起立性低血圧症や立ちくらみなども対象になります。タダポックスの副作用として頭痛やほてりといった軽度な症状がほとんどです。これらの症状はタダポックスを服用することによって、血管を拡張する働きに伴うものになります。消化管に存在しているセロトニン受容体によって作用するので、消化器系での副作用が見られることも多いです。タダポックスの成分が次第に分解されるにつれ、いずれの副作用もしばらくすると治まるので心配ありません。尚、使用注意としていくつかの病気や状態に該当している人は、使用する前に医師に相談する必要があります。例えば鎌状赤血球性貧血や多発性骨髄腫、出血性疾患や消化性潰瘍、肝障害や腎障害などを持っている人は注意が必要です。眼圧が高かったり、出血や血液凝固などを起こしたことがあるなら医師にきちんと報告しましょう。ケトコナゾールやクラリスロマイシン、リトナビルやリファンピシンなどを服用しているなら、医師と相談してタダボックスを服用してもよいか判断しなければいけません。

記事一覧
日常に潜むEDの原因|健康な状態を保つための生活習慣とは 2020年05月29日

EDにはいろいろな原因があり、器質性や心因性、複合型や薬剤性などがあります。器質性の場合、動脈硬化の進行や神経障害があるケースが多く50歳代に多いです。心因性の場合、精神的なストレスがあり30歳代や40歳代に多く現れます。混合型の場合、動脈硬化の進行や神経障害があって、精神的ストレスがある50歳代や...

性交直前に使える早漏防止スプレーが便利!効果の持続力はいかに 2020年05月02日

早漏を予防するには直前に使える早漏防止スプレーがおすすめです。これはコンドームや他の方法に頼らない画期的な早漏対策方法で簡単です。行為を行う前に早漏防止スプレーをスプレーするだけで、早漏を予防することができます。スプレーするだけで陰茎の神経や感度などを下げることができ、行為の際に刺激を感じにくくする...

女性は遅漏より早漏支持派が多数!気長な治療と前戯の鍛錬を 2020年04月28日

男性の中には早漏について悩んでいる人が多くいますが、女性にとって遅漏よりも早漏を支持している人が多くいます。実際付き合った男性の中に早漏をすごく気にしている人がいることがありますが、女性からするとそれほど気にはならないものです。経験を積んでいけば射精時間を延長することができたり、その日の体調などもあ...

早漏の改善方法を医薬品・医薬品以外別に紹介!自分に合った方法を実践 2020年04月26日

早漏を改善方法にはいろいろな種類があり、医薬品を利用したり、医薬品以外にもいくつか方法があります。早漏防止薬として販売されているものが多く、世界中の人が利用している人気の医薬品もあるのでおすすめです。射精は脳内にあるノルアドレナリンによって管理されていて、ノルアドレナリンが増えることから射精が起こる...

加齢で症状が出る場合も!早漏になってしまう原因と対策 2020年04月23日

早漏にはいろいろな種類があり、それぞれ原因が異なるケースがあります。例えば身体的な要因が関係する過敏性早漏や、過去のトラウマなどが原因になる心因性早漏、体力の衰えが原因になる衰弱性早漏などが対象です。過敏性早漏の場合、ペニスや付近の皮膚に刺激を受けると、すぐ射精してしまう状態になります。一般的に性的...